読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンデモ記録帳

アニメ、ホビーを中心にレビューを書きます。

結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-第2章「たましい」

結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-第2章「たましい」
f:id:kg06s:20170416115113j:plain

4/15公開の第2章「たましい」を観てきました。

「メッチャ、泣ける‼」

という、のが観終わった感想ですね。

ネタバレありです。

前半(おそらく、テレビ放送版では3話目)はギャグ回ともいえるオリジナルの内容で、わっしーたち勇者が休養をとる、として遊ぶのがメインです。
いろいろと伝えたいことがありますが、収拾がつかなくなるくらいにハッスルしてました。
是非、劇場に足を運んでいただくか、10月からのテレビ放送を待っていて下さい。

いろいろありましたが、あえて一つ取り上げるとするなら、やっぱり「国防仮面」でしょうね。
国防体操は必見です!!

そして、そんな楽しい流れから小説の第4話
「たたかい」の話。

小説版を読んだことがある方は既にご存知でしょうが、壮絶な内容です。

敵は三体。
ゆゆゆの2話目に出てきた、サソリのようなバーテックスと、反射板のバーテックス、矢を射出するバーテックスです。
須美と園子はバーテックスの攻撃を受けて戦線を離脱してしまいます。
三体のバーテックスを食い止めるべく、銀は一人戦いに挑みます。
傷付き、血を流し、それでも必死に闘う、銀。

家族思いで、弟が大切な彼女の「守りたい」という意思が感じられる戦闘シーンはとても胸打たれるものでした。
前半の楽しげなシーンがあったからこそ、後半の展開でより泣けるのだと思います。

ラストシーンからのエンディング、三ノ輪銀(cv.花守みゆり)が歌う「たましい」もより涙を誘います。

先月の一章に続き、公開された二章。
次の三章は7/8公開と少し時間がありますね。

アプリゲームの結城友奈は勇者である 花結いのきらめき 「ゆゆゆい」も春配信予定で、10月のアニメ二期に向けていろいろありますね!

とても面白いので、二章「たましい」ぜひ観てください‼