読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンデモ記録帳

アニメ、ホビーを中心にレビューを書きます。

「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH(TRUE)2」

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH(TRUE)2」
……んー、エヴァって難しい! ってカンジですね。
内容としてはTV版の1~24話+追加映像なんでしょうけど、なんと説明すればいいのか……。
シンジたち、チルドレンごとに焦点を当てられているようで、TV版の内容を振り返ってもいる。
私もあまり詳しくはなく、軽く調べた程度の知識で申し訳ないのですが、DEATH(TRUE)2 は要するにver4 みたいですね。
まあ新劇場版、最新作の公開は未定ではありますが、旧劇場版もなかなか引き込まれました。
トーリー考察は散々他の方々が行ってるので、私は演出で気になったことを少々語りたいと思います。
アスカとレイがエレベーターに乗っているシーンや初号機がカヲルを握っているシーン、これらシーンでは効果音や音楽は流れているのですが、セリフがなく絵が動いていない「間」があります。
そしてどちらも「アスカではなくレイの方から喋りかける」、「初号機がカヲルを握り潰す」という意外性や衝撃が訪れます。
静寂で注意を引き、驚きを与えるという、なんというかホラーにも似た手法だと思いました。
私が知らないだけかもしれませんが、最近の作品でこのような演出はあまり見かけない気がします。
エヴァンゲリオンが人気で記憶に鮮烈に残るのはこんな演出があるからでもあるのではないでしょうか?