ナンデモ記録帳

アニメ、ホビーを中心にレビューを書きます。

Re:CREATORS(レクリエイターズ)

今期のアニメでも、かなりオススの「Re:CREATORSレクリエイターズ)」
をご紹介します!

ブラックラグーン広江礼威氏、アルドノア・ゼロのTROYCAとあおきえい氏の完全新作アニメです。

3話まで、録り貯めていたの観たのですが、「スゴい」です。
内容も、作画も、関わってるメンバーも最高です。

まず、現実世界にアニメやゲームのキャラが現れたら……をギャグではなく、カッコよくやってしまってるのがいいですね。
ファンタジーロボットアニメのセレジア、
RPGの賢者のメテオラ、
ニチアサ系の魔法少女のまみか、
マンガのラスボスキャラの弥勒寺優夜、
とキャラクターも個性豊か!
さらに、謎の軍服の姫君も厨二的なカッコよさがたまりませんね。

Re:CREATORS レクリエイターズ 軍服の姫君 ぷちこれ!アクリルキーホルダー

Re:CREATORS レクリエイターズ 軍服の姫君 ぷちこれ!アクリルキーホルダー

3話まで観て、どの回も戦闘シーンの作画がハンパナイです。
1話目の軍服の姫君が銃とサーベルをバイオリンと弦に見立てて、セレジアと対峙するシーンなんて最高でした。

そして、やはり制作メンバーが素晴らしい‼
ブラックラグーン広江礼威氏はもちろん、アルドノアのメンバーが多く関わっているのが、私的にはポイントがかなり高いです。
澤野弘之氏の音楽は物語の壮大さを広げ、世界観をより深めています。

Re:CREATORS Original Soundtrack

Re:CREATORS Original Soundtrack

gravityWall/sh0ut(初回生産限定盤)(DVD付)

gravityWall/sh0ut(初回生産限定盤)(DVD付)

ここ最近は二期の青エク、進撃、とマンガ原作のアニメの音楽を手掛ける澤野氏ですが、私個人の感想としては澤野氏はやはり、原作のないオリジナル作品の音楽を手掛けるのが一番だなと思います。

さらにメカデザに I-IV(アイフォー)氏で、アルドノア・ゼロ、FGOのバベッジなどでデザインを手掛けるイラストレーターさんです。

ああ、もう私はアルドノア・ゼロが大好きだったんだな。円盤も全部揃えてるし。

セレジアやメテオラの声で「韻子とエデルリッゾだ!」と思う私がいますし。

私のようにアルドノア・ゼロが好きな人には特にオススメ‼
Re:CREATORSレクリエイターズ)をどうぞご覧になって下さい!

公式ホームページ http://recreators.tv

銀色の記憶

f:id:kg06s:20170420074518j:plain
結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章 第二章 「たましい」の入場者特典の第1弾。
「乃木若葉は勇者である」の朱白あおい氏書き下ろしのミニノベル「銀色の記憶」。イラストはアニメーションキャラクターデザイン&総作画監督を務めた酒井孝裕氏によるものです。

三ノ輪銀が主人公のストーリーで、内容は銀が五歳の弟の鉄男に誕生日プレゼントを送るというものです。
二章の結末がアレなだけに、心暖まるストーリーがつらいです!
須美は国防思想全開ですし、園子も想像の斜め上をいってます。

冷静な須美と園子の発想力に比べて、自分は無力じゃないかとコンプレックスを抱いている銀。
しかし、須美と園子も銀の怯まない勇気に力をもらっている、ということが描かれています。
三人は誰一人欠かすことのできない存在なんだ、というところが何とも……。
二回目ですが、二章の結末を知っていると、じーんときちゃいます。

4月22日からは別の入場者のになるそうなので、機会があれば劇場で二章を観て、銀色の記憶を読んでみてください!

結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-第2章「たましい」

結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-第2章「たましい」
f:id:kg06s:20170416115113j:plain

4/15公開の第2章「たましい」を観てきました。

「メッチャ、泣ける‼」

という、のが観終わった感想ですね。

ネタバレありです。

前半(おそらく、テレビ放送版では3話目)はギャグ回ともいえるオリジナルの内容で、わっしーたち勇者が休養をとる、として遊ぶのがメインです。
いろいろと伝えたいことがありますが、収拾がつかなくなるくらいにハッスルしてました。
是非、劇場に足を運んでいただくか、10月からのテレビ放送を待っていて下さい。

いろいろありましたが、あえて一つ取り上げるとするなら、やっぱり「国防仮面」でしょうね。
国防体操は必見です!!

そして、そんな楽しい流れから小説の第4話
「たたかい」の話。

小説版を読んだことがある方は既にご存知でしょうが、壮絶な内容です。

敵は三体。
ゆゆゆの2話目に出てきた、サソリのようなバーテックスと、反射板のバーテックス、矢を射出するバーテックスです。
須美と園子はバーテックスの攻撃を受けて戦線を離脱してしまいます。
三体のバーテックスを食い止めるべく、銀は一人戦いに挑みます。
傷付き、血を流し、それでも必死に闘う、銀。

家族思いで、弟が大切な彼女の「守りたい」という意思が感じられる戦闘シーンはとても胸打たれるものでした。
前半の楽しげなシーンがあったからこそ、後半の展開でより泣けるのだと思います。

ラストシーンからのエンディング、三ノ輪銀(cv.花守みゆり)が歌う「たましい」もより涙を誘います。

先月の一章に続き、公開された二章。
次の三章は7/8公開と少し時間がありますね。

アプリゲームの結城友奈は勇者である 花結いのきらめき 「ゆゆゆい」も春配信予定で、10月のアニメ二期に向けていろいろありますね!

とても面白いので、二章「たましい」ぜひ観てください‼

ようこそジャパリパーク(どうぶつビスケッツ×PPP) ミュージックステーション

「すっごーい! タモリさんはイグアナのブレンズなんだね」

サーバル(cv,尾崎由香)

タモリさんの苦笑いしつつも、反応している姿は流石だなと感じました。

正直、けものブレンズを知っている人じゃないと、ついていけないだろうなって、感じですね。

私、個人としては歌詞の

「けものは居ても のけものは居ない
本当の愛はここにある 」

という部分が好きです。

作詞された方の真意はわかりませんが、「けもの」と「のけもの」という語呂遊びではありますが、実際に、けもフレを観ていると、肉食草食など関わらず、仲良しですし、作品をよく表現されているなと思います。

けものフレンズのアニメは終わってしまいましたが、このような機会によって反響があれば続く……といいなと思います!

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?

んー、たぶん面白くなるんだろうな。
1話目だし、説明的なのや伏線的な描写は仕方ないかな、という印象です。
原作のラノベの名前は何度か耳にしていましたが、一度も手に取ったことがありません。

そして、今のところ読む予定もございません。
正直、アニメが面白いなら、にわかファンになるかな? といったところですね。

何となく、セリフの言い回しとかが私的には好きで、今後の展開次第でハマるかも? とかんじました。
ヒロインのクトリ役の田所あずさ さん。歌も上手く、最近、いろいろなアニメで活躍されている声優さんですね。
1話目はオープニングがカットされていましたが、田所さんが歌うみたいですね。

アニメ公式ホームページhttp://sukasuka-anime.com

個人的な話ですが、最近、更新のペースが悪いので頑張りたいですね。
読んで下さっている方々、申し訳ありません。
なるべく、たくさん更新できるように努力していきます。
ありがとうございました。

スモーキン’パレヱド

エウレカセブンのコミカライズやデットマン・ワンダーランドの片岡人生近藤一馬コンビの最新作です。

前々から気にはなっていたのですが、三巻が出たところでまとめて買って読みました。

まあ、いつもながらグロいです。
でも、私的にはグロいけどキレイ、というか、嫌悪感だけの為に描いているんじゃないんだろうなーと思っています。

主人公の角上陽光も良い感じに狂っていて、好きです。
デットマンの「血を使う」とか、今回の「特殊な義肢」とか、わりと使い古されたネタなんでしょうが、人の深い部分を突くような表現が新たな魅力を引き出しているのかなーと感じます。

とはいえ、一応少年誌で連載はされていますが、グロいので苦手な人にはあまりオススメできないかもしれないです。
グロに耐性のある方は是非どうぞ!

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第50話『彼等の居場所』

f:id:kg06s:20170402235239j:plain
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第50話『彼等の居場所』

オルフェンズ終わってしまいました。

……まあ、なんというか「命の糧は戦場にある」ということを体現したのでしょうか。ミカも昭弘も、カッコよかったです。
AパートとBパートごとに感想を語りたいと思います。

Aパート

最初のミカの暴れっぷりを観ていたら、このまま全てのギャラホを打ち負かしてしまうのでは? とも思うほど強かったですね。
そして、ミカと昭弘。
一期でシノが流星号に乗るまで、この二人がモビルスーツに乗り、戦っていました。
阿頼耶識の施術回数が他より多い二人。
鉄華団の戦力のNo.1、2という感じですかね。
バルバトスもグシオンもメチャクチャ、カッコいい。
やはりオルフェンズは地上戦の武器をガチャンガチャンぶつけるのが醍醐味だと思います。

そして、欠かせないのがイオク様。
また何かやらかすのだろうと思いましたが、グレイズに乗って念願のナイトブレードを使っての戦闘。
でも昭弘がラフタのため、名瀬を殺し、タービンズを追い詰めたイオク様を潰してくれたのはよかった(?)のですかね。
まあ、ヘイトを集めたであろうイオク様の終わりとしては及第点だったと思います。
フルシティのニッパーは最初「ふざけてるのかな? ビルドファイターズかよ」と思っていたのですが、なかなかの処刑道具でした。

バルバトスも悪魔、獣の暴れ様はガンダムではないな、と感じました。
ガンダムにしては珍しく、ラスボスのMSがいないことにビックリです。

Bパート
おそらく4~5年後(暁の年齢的に)の時代へと移り、「その後」が描かれましたね。
マッキーの理想はラスタルの手によって叶えられた、ということらしいのですが、皮肉ですね。
ラスタルという人間はどこまで先を見通していたのか。でも、そのラスタルをビビらせたシノは流石でしたね。
クーデリアも理想だけでなく、実行出来るようになり、武力だけが、力ではないなということを示してくれたなぁ、と思います。

そして、ミカとアトラの息子、「暁」。
三日月=夜から、 暁=夜明け プラス、似た音ということで、なかなか良い名前だと思います。
AGEのときもそうでしたが、髪色は母親譲りなんですね。
暁が三人のブレスレットをしていたのはミカとアトラの間に出来た子供だけど、ミカとアトラとクーデリアが親なんだな、と感じました。

その他にもBパートはいろいろと細かいところにいろいろ詰まっていて、何度も見直したくなります。
たとえば、ライドが赤いスカーフをしていたのは、やはり一期のオルガの衣装からの引用でしょう。
また、親っさんの会社のカッパサファクトリーのトレードマークが流星号の目のマークだったり。
あと、ザックとデインが写ったシーンの左側のデスクにハロらしきものがあったのは、思わずニヤリとしてしまいました。

私、個人の意見としてはアルミリアのその後を描いて欲しかったですね。

まあハッピーエンドといえば、ハッピーエンドでしょうし、私としては悪くない終わりだと思います。
ただ、ライドの動きなど少々説明不足なところもあると感じたので、モビルスーツがガシガシ闘う話じゃなくてもいいので、そこら辺を小説などにしてほしいなと思いました。

本当に鉄血のオルフェンズは面白かった。
ありがとうございました!